--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/06/10

悲しい知らせ

ネットのお友達ワンちゃんが虹の橋を渡りました。
頑張って闘病していて、ママさんも懸命に介護している姿に元気をもらっていました。
つい最近も「元気だよ~」と言っていたのに。
突然のことで、ショックです!

スリーピーは初めての子なので、私には見送った経験がないけど、一度、辛い経験をしたことがあります。
近所にラブちゃんという男のシーちゃんがいました。
生年月日が4日違いで、毛色も姿もそっくり♪
一緒にお散歩してると兄弟に間違われていたし、実際兄弟のように育ちました。
ラブちゃんが3才の時、交通事故であっけなく逝ってしまいました。
その時の衝撃は今でも忘れることができない。
半狂乱のラブちゃんのママと抱き合って号泣することしか出来なかった。
その後しばらくは夜も眠れず、食事も出来ず・・。
よそのうちの子でこんなになってしまって、我が子だったらどうなってしまうのか?と、考えただけでも恐ろしい。

いつか必ず来る別れ。
その時まで精一杯愛して行きたい。
スリーピー | Comments(2)
Comment
お友達ワンの死・・・
この知らせが、今の私やピノコさんには、一番こたえるね・・・
半狂乱のラブちゃんのママの姿が、きっと自分の姿とダブって見えるんだろうなぁ
でも、いつか必ず来るんだよね・・・私も自分が恐ろしいよ
母ったら、そんな私を見たくないから、フックより先に逝きたい・・・なんて言ってるし
もう~!何を言ってるんだか!勝手なひとでしょ?(ーー;)

フックママさんへ
うん、本当にこたえる・・(>_<)
その子、まだ11才だったんだよ。
いつまで一緒にいられるだろう?って考えちゃうよ。
実はラブちゃんは、ママの目の前で車にひかれたのよ。
なので、ママの嘆き・後悔・悲しみは言葉に出来ないぐらいだし、慰めようもなかったよ。
事故にしろ病気にしろ、突然死だと自分の気持ちの持って行き場がないんだよね。
病気で覚悟が出来ていたら、また違うと思うのだけど・・。
お母様の気持ちも分かる気がするけど、お母様もフック君も長生きしてくれなくちゃ~だよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。